脊柱管狭窄症を治そう~気になる治療の情報マル秘サイト~

医者

症状と治療法を知ろう

原因と症状

先生

腰部脊柱管狭窄症とは、骨の老化により背骨に囲まれた脊柱管が狭められ、その中を通る神経が圧迫されることによって、痛みやしびれなどの症状が引き起こされる疾患です。腰部脊柱管狭窄症の主な原因は、加齢による椎間板の膨隆、黄色靭帯の肥厚、椎間関節の肥厚変形などです。また、先天的に脊柱管が狭いために脊柱管狭窄症が起こる場合もあります。脊柱管狭窄症でよくみかける症状は、歩き始めは何ともなくても、しばらく歩くと足がしびれたり、痛くなって歩きづらくなる間欠跛行です。これは立つことによって、脊柱管が狭められ、神経を圧迫するためです。逆に前かがみになると脊柱管が広がるため、しびれや痛みが消える場合があります。ただ進行すると、立つことのできる時間や歩ける距離が短くなります。歩行時に尿意を催すといった排尿障害などの異常も起こってきます。加えて、男性では痛みを伴う陰茎勃起が発現することもあります。

治療法

治療法は大きく分けて、薬物療法、理学療法、神経ブロック療法からなる保存療法と、手術療法の2通りです。余程の重症ではない限り、通常は保存療法から開始します。薬物療法では、痛みを止めるための消炎鎮痛薬や筋肉を和らげる筋弛緩薬が使われます。また、末梢の神経障害を改善するビタミンB12や、神経に伴走する血管内の血流を良くするプロスタグランジンE1製剤も使用されます。痛みがひどい場合は、牽引療法や温熱療法などの理学療法、神経の痛む場所に局所麻酔薬を注入し、神経を麻痺させて痛みをとる神経ブロック療法を併用して治療が行われます。これらの保存療法でも一向に症状の改善がみられないときは、手術療法を検討します。手術療法の目的は、狭くなった脊柱管を広げて、神経の圧迫を取り除くことです。椎弓を部分的に削る開窓術や、すべて除去する椎弓切除術などの方法があり、圧迫の部位や範囲によって選択されます。腰椎が安定しない場合は、本人の骨盤から採取した骨や、チタン製インプラントで腰椎を補強する脊椎固定術も行われます。