脊柱管狭窄症を治そう~気になる治療の情報マル秘サイト~

医者

漢方薬も一つの選択肢

漢方薬局を利用しましょう

先生

高齢化社会の影響もあり、現在では腰の周りのしびれや痛みといった症状に悩む方も増えています。昨今テレビでも話題になる脊柱管狭窄症も、そういった足腰のしびれや痛みを引き起こす病気なのです。このような脊柱管狭窄症には、現在漢方薬も有効という見方がされています。漢方薬では、西洋医学とは異なるアプローチで症状の緩和を目指します。 漢方薬の処方を受ける場合には、専門の漢方薬局を利用するのが近道です。専門の薬局では、個人の症状や体質に応じた漢方薬を処方するため、より効果も実感しやすいと言えます。カウンセリングサービスが充実している薬局であれば、さらに安心です。最近ではメールを通じて症状の相談も出来るため、遠隔地に住んでいる場合にも利用がしやすいのです。

継続利用が基本となります

脊柱管狭窄症の症状で漢方薬を利用する場合には鬱血と呼ばれる状態を改善する薬剤が使用されることが多いです。漢方では、脊柱管狭窄症の症状がある場合血液の流れが滞ることが一因として捉えられているのです。そのため、この鬱血をとる血流促進剤が使用されます。数種類の漢方薬を症状に応じてブレンドする場合もあり、処方する側のさじ加減が重要となるのです。 一般的な血流促進剤の価格は、1ヵ月分で約1万円前後が主流です。漢方薬は、段階的に使用して行くケースも多く、徐々に高額になる場合もあります。漢方薬の場合には、最低でも数ヶ月間は継続使用が必要となるため、薬剤の処方を受ける場合にはある程度の費用の負担は覚悟しておくべきです。