脊柱管狭窄症を治そう~気になる治療の情報マル秘サイト~

医者

自分に合った治療方法

治療方法は様々である

先生

脊柱管狭窄症は高齢者を中心に発症しやすい腰痛の1つです。タイプも様々なものがあり、それに伴い治療方法も様々です。症状も人それぞれで大きく違いがあるので、治療する際は、医者と患者がしっかりと情報を共有し合ったうえで行うと良いです。 脊柱管狭窄症の治療方法として手術がありますが、これは費用が非常に高額です。高齢者は特に、簡単に支払えるような金額でないことが多いです。また、体への負担も大きいとされています。 最近は、手術以外の治療方法も登場しています。薬物療法や注射療法などがありますが、特に最近注目されているのがコルセットによる治療方法です。コルセットは装着が手軽で安全なので、高齢者にも分かりやすく、人気があります。

余裕をもった予算にする

脊柱管狭窄症の治療方法にはあらゆる種類があります。基本的には手術による治療が行われますが、どの方法も高額である傾向が強いです。また、脊柱管狭窄症は通院する必要性の高い病気なので、予算に余裕があるうえで治療を受けることが大切です。 神経が圧迫されている場合は、椎弓を削る手術が行われます。費用としては30万円から40万円程度といわれています。医師の高度な技術が必要となる手術なので、リスクも高いとされています。 腰椎に不安定性がみられる場合は、脊椎を固定する手術が行われます。金属を使用して固定することが殆どで、費用は60万円前後となります。また、移植手術が併用されることも多く、家族の同意も必要となってきます。